木のぬくもりを感じる木造住宅の魅力

木造住宅は日本の気候風土に合ったつくりをしているので、様々なメリットがあります。その特徴を知ることで、一層その良さがわかってくるはずです。木造住宅はその多くを工務店の大工さんが施工します。大手の住宅会社が販売している場合でも、実際に現場で家を建てているのは大工さんの場合が多くあります。木造の技術は代々大工さんにより継承されてきました。単なる工場生産ではなく、木造住宅には伝統的な技術が生かされている安心感があります。

木造住宅の特徴は増改築が容易なことです。鉄骨造や鉄筋コンクリート造は増改築が簡単ではありませんが、木造ならば全国の大工さんが施工技術を持っています。代々継承されてきた伝統技術は増改築のしやすさというメリットを与えてくれるのです。木造の原料となる木材は全国の山林で植林されています。住宅会社の中には自社の山林を保有しているところもあるなど、材料の調達が容易なのも特徴の一つとなります。地球の自然を無駄にする時代は終わり、リサイクルが主流となっています。木造住宅は日本にある材料で家を建てるエコな工法なのです。

地震列島の日本では、木造の軽量さがメリットとなるのです。地震の力は建物が重いほど大きく作用します。軽い材料の木材でできているので、地震の作用は軽さの分だけ抑えられるのです。現在の建築基準法で採用されている筋違い工法は歴史のある工法ではありませんが、大工が継承している伝統木工法は古くからの伝統があります。京都や奈良の伝統的な木造建築には伝統木工法の技術を今に伝えているのです。

木造住宅は日本の気候風土と合っているので、建物本体は耐久性があります。シロアリ被害や内部結露に注意することで、木造住宅の寿命は長くなります。鉄骨造や鉄筋コンクリート造は鉄の部分が錆びることで強度が極端に低下しますが、木材は長く必要な強度を保つのです。湿気を吸ったり吐いたりする湿度の調整機能を木材は持っていることは特徴の一つとなっています。

在来軸組工法木造住宅は伝統技術を用いた在来軸組工法と外来の2×4工法があります。2×4工法は在来軸組工法のような耐久性は期待できませんが、初期の耐震性は評価できます。2×4工法は壁により支えられていますが、その壁は地震の揺れにも効果があるのです。さらに大手の会社では独自の工法を開発して製品として提供しています。木造住宅はこれらの工法の中から納得できる工法を選ぶ自由があるのです。