ペットも家族の一員です!ペットと暮らしやすい間取りを考える

戸建てはペットの飼育が自由にできるメリットがあります。マンションなど異なり、ペットと一緒の暮らしを気兼ねなく行うことができるのです。ペットのために玄関を広く取ったり、キッチンに立ち入り制限をする配慮は衛生面から必要です。ペット用トイレの設置も必須なことでしょう。犬は散歩の汚れを落とすために玄関から水場を近くすると便利です。

木造住宅は自在に形をつくれるので、ペットが暮らしやすいように、部屋のつくりを用意することができます。犬は散歩が日課なので、玄関を広く取るなどの対策が必要です。広い玄関は犬のためになるばかりでなく、家そのものを豪華に見せてくれます。玄関の床は水洗いができるように、若干の勾配をつけておくと便利です。玄関のポーチには水場を近く設け、犬の体を洗えるスペースを兼ねることで、衛生面で清潔を保つことができます。

ネコは日向ぼっこが好きです。新たな住宅では日向ぼっこのスペースを用意しておくと良いでしょう。ネコに限らず、心地よい採光は南面から得られます。日本列島の日射は東と西で夏場がきつくなりますが、南はそれほどではありません。冬場も南からの採光は心地よく、ネコの昼寝には最適なのです。日向ぼっこのスペースは広縁の形が適しています。木造住宅は広縁が作りやすく、ネコ以外でも利用価値があるのです。

室内のペットは誤食の危険があります。ペットは人間の赤ちゃんのように何でも口に入れてしまう傾向にあるので、キッチンへの立ち入り制限を設定する必要があるのです。キッチンは火を使うこともあり、ペットの安易な立ち入りを容認すべきではありません。ペットの行動は一定の範囲内に制限することにより、安全な暮らしをすることができます。

ペット用トイレは適切な場所に用意することで、人とペットが衛生面でストレスを感じることなく暮らすことが可能となります。リビングは家族が集まる場所であるばかりでなく、ペットと過ごすことの多いスペースでもあります。他の個室を削ってでも、リビングを広く取るプランが必要なのです。広いスペースがあることにより、ペット用トイレなどの準備も容易に可能となります。

ペットを室内で飼う場合は床の仕上げに注意が必要です。カーペットの床は汚れが付きやすく、ペットとの暮らしにはふさわしくありません。ペットと人が共存できる床材にはフローリングやビニルシートがあります。特にフローリングは何度拭いても新しさを保つ無垢材が良いでしょう。