木造住宅なら庭にもこだわりたい!アイデアを紹介!

木造住宅の特徴の一つに庭が自由に使えることがあります。
アウトドアリビングで室内と庭を一体的に利用したり、スモールハウスやウッドデッキで楽しい空間をつくることも自由なのです。
屋外物置は室内では収納が難しい多くのものを補完できる貴重な場所を提供してくれます。
芝生は子供の遊び場として有効な活用が期待できます。
アウトドアリビングをつくる手法はいくつもありますが、壁で囲われた空間が必要です。
建築基準法上は1階で上部に屋根が無ければ、法規上の床面積が増えることはありません。
2階部分はバルコニーを伸ばすことで建築面積が増える場合もあるので、法規的なチェックが必要です。
アウトドアリビングはウッドデッキを用いることで、居間の延長として使える良さがあります。

ウッドデッキスモールハウスは小さな敷地にでも建てることができるメリットがあります。
建てるときは建築基準法の規定をクリアする必要があるので、専門家に依頼するのがベストです。
大家族ではなく、小家族で過ごす目的のスモールハウスはこれからの住まい方を提案してくれます。
スモールハウスは木造住宅として建てることもできますが、トレーラーハウスのような移動できるものを設置する手法もあるのです。

屋外物置は室内に収納できない様々なものを収納するのになくてはならない空間です。
屋外物置は既製品を庭の一部に置く方法もありますが、住宅本体の一部として初めから作ってしまうことも可能となります。
内部でもない囲われた外部空間は生活を豊かなものにしてくれるでしょう。
特に臭いや鮮度の関係で室内に貯蔵できないものは屋外物置があると便利です。
屋外物置が購入できるサイトもあるので検討してみると良いでしょう。

木造住宅は自然と調和できる豊かな可能性を秘めています。
和風でも洋風でも自然の一部を空間として取り込むことにより、調和を感じさせてくれるのです。
庭の芝生は子供を遊ばせたりするのに効果的ですが、一定のメンテナンスが必要です。
和風の庭は木造住宅に合いますが、内部空間との調和を保つ工夫が必要となります。

木造住宅では高齢化社会を見据えて、バリアフリーの設定を考える必要があります。
土間にレベル差がある場合はスロープにより解消し、外部の階段にも手すりの設置が必要です。
万が一車いすの利用が必要となっても、空間的に対処できる準備を最初からしておくことが望まれるのです。
庭は個人のためだけにあるのではなく、家の前を歩く人たちのために、草花を植えるスペースを確保する配慮も必要となります。