部屋ごとに照明を分けよう!おすすめ照明を紹介!

木造住宅の室内を効果的に演出するためには、照明の存在が欠かせません。リビングを始めとして、キッチンや玄関、及び、寝室などは照明の演出で魅力てきな空間に生まれ変わります。従前の白熱灯以外にも調光できるLEDは省エネにも役立つ照明器具なのです。ペンダントライトやダウンライトを効果的に使うことで、部屋の特徴を際立たせるのも良いでしょう。

シーリングライト照明は部屋の雰囲気を決めるアイテムです。照明の種類により部屋の雰囲気は多く変わるのです。従来、最も雰囲気の出る照明は白熱灯とされてきました。このことは現在も変わらず、雰囲気のあるインテリアに白熱灯は欠かせません。一方、省エネの必要性から調光できるLEDも普及してきました。使用する電力は白熱灯よりも少なく済み、電球の交換も頻度が少なくなります。しかし、雰囲気は白熱灯ほど出せないので、場所を選んだ設置が望まれます。

リビングは雰囲気の必要性からシーリングライトや白熱灯を使用し、キッチンは調光できるLEDを設置するなどの使い分けが大切です。キッチンでは流し台の上にも作業用の明かりが必要なのです。寝室はダウンライトにより独特の雰囲気ある空間とすることができ、ペンダントライトはダイニングやホールなどに使えます。玄関は雰囲気よりも実用性が要求されるので、確かな照度が得られる蛍光灯の利用も考えられるのです。

照明を際立たせるには内装の色合いも関係します。内壁の色は照明の邪魔にならない白を基調にしたものが無難です。壁の色が目立つと、インテリアでは主役の照明が引き立たなくなります。天井も柄物は避け、照明の効果が出やすい白を中心に選んだ方がうまくいきます。注文住宅では施主の希望により内装の色が決められますが、側に要望が無い場合は専門家に任せることが必要なのです。

LED照明の特徴は光が直線的に進むことです。単一の光が一定の方向に進むために、鮮明な印象を与えるのです。一方、白熱灯の光は揺らぎがあるのです。揺らぎのある光は人に温かみを感じさせ、良い雰囲気をつくってくれます。蛍光灯は物理的な照度を高く保つために役立ち、経済的に必要な明るさを確保できます。間接照明はそれだけでは必要な照度が得られないかもしれませんが、生活に潤いを届けることができるのです。部屋に設置する証明選びに正解はありません。照明は家族がいろいろと試しながら、家族にとって最適なものを見つけることが大切です。